"ご家庭で脱毛をしていてお肌を傷付けてしまったり、また余計に無駄毛が目立つようになってきた人も多いことでしょう。
脱毛というのは決して難しいものではありませんが、ある程度の基礎知識を覚えておかなければ危険なのです。ハイジニーナ脱毛とは、VラインやIライン、そしてOラインを含めたデリケートゾーンの脱毛のことです。
最近の傾向で女性が最も悩んでいるデリケートゾーンの脱毛は、ハイジニーナ脱毛で悩みの解消させちゃいましょう。

 

デリケートゾーンの処理が恥ずかしいからといって自己処理を続けるのは肌トラブルの原因となってしまいますので脱毛サロンで処理してもらうのがオススメです。
全ての無駄毛を処理するケースは少ないですが、特殊な脱毛となりますので料金設定が割高になっていることもあります。
女性にとりまして年齢に関係することなく常に気になる部位というのがデリケートゾーンなのです。
早い時期に綺麗にしておきたいと考える女性が多くなってきており、脱毛部位の中で最も人気の部位となります。"



女性のVゾーンやIゾーンなどの脱毛ブログ:2018/08/03

仲間が言うには
「おふくろの味」のダントツ1位って、
カレーなんだそうですね。

みなさま、ホントですか?

というのも、
おいらは母親のカレーをきちんと思い出せないんです。

それは母親がカレーを作ってくれなかったからではなく、
毎回味が違ったからです。

ある時はドロドロのこってりカレー、
ある時はしゃばしゃばのあっさりカレー。

その都度、
母親は「目分量だから」と言っていました。

出ました「目分量」!

レシピでは伝えきれない目文量…
きっとこれが「おふくろの味」のキーポイントになるのでしょうが、
おいらの母親の場合、
いわゆる「目分量」という言葉は適応されません。

「目分量」というよりも
「気分量」という言葉があてはまると思います。

その日の母親のテンションによる味付け、
それが「気分量」です。
気分量は様々なバリエーションを生みます。

例えば、
我が家は誕生日ショートケーキも手作りだったのですが、
ショートケーキの大きさが毎回違うんです。

これは母親がケチっているわけではありません。
ときにスポンジがどのくらい膨らむか、
これが焼いてみないとわからないのです。

ほとんど膨らまないときのショートケーキは2段重ねのくせに
高さ5センチくらいのときがあります。

食べてみると
ふんわりという表現からほど遠く、
どっしりとした重量感はベイクドチーズケーキのようでした。

母親の面目もありますから断っておきますが、
味はなかなかのモンですよ!

ただおいらが言っているのは、
これといって決まった味がないので、
何をもって「おふくろの味」と呼べばよいのか、
なかなかジャッジが難しいということなんです。

このページの先頭へ戻る