"女性の脱毛というのは、まさに永遠のテーマであり、美容には欠かすことの出来ないモノと言えます。
無駄毛が目立ってしまうと、どんなにダイエットをしたとしても、本当の美しさを実現させることが出来ません。毛抜きは男女問わずに多くの人が脱毛の手段として実践していることでしょう。
もし毛抜きで脱毛をしようと考えているのでしたら、気を付けなければいけないこともあるので覚えておくようにしてください。

 

毛抜きで抜いたことがある人はご存知かとおもいますが、途中で切れると、毛の先がとがってしまうことになります。
皮膚を貫通し、お肌にダメージを与えてしまうこともあるのでお気を付けください。
カミソリと比較をしますと毛抜きというのは毛根から抜ける場合がありますので、次に生えてくるまで時間があります。
しかし一本ずつしか抜くことが出来ないために、時間がかかるのは当然のこと皮膚への負担も強く、赤く炎症を引き起こしてしまうこともあるのでご注意ください。"



無駄毛の処理をする際の毛抜きは不向きブログ:2018/07/19

ダイエットを始めるにあたって、ほとんどの人は
「太っている自分をなんとかしたい」
というのがきっかけになっていると思います。

「太っている自分」
    ↓
「これをなんとかしたい」
    ↓
「ダイエットしよう!」
    ↓
「ダイエット成功!」
    ↓
「自分に自信が出て、父親も増えた!」

と言う具合に、
「太っている自分」のおかげで、ダイエットに成功し、
それが自分に自信をもたらし、父親が増え、
人生そのものが大きく変わっていくわけですね。

ダイエットに成功した人に話を聞いていると、
みんな同じような経験を持っているようなんです。

「ダイエット成功!」というのは、
人生の中でも大きな成功経験の一つです。

一ヶ月に4KG痩せるということを
コツコツ積み重ねるだけで、
一年後にはまったく違う自分になっているのです。
もちろん外見だけでなく内面も変わっています。

そうなると、原点に立ちかえったときに
「太った自分がいたからこそ、今の自分がいる」
そう思うと、昔の太った自分に感謝します。
「あの太った自分がいたからこそ、今の成功がある」
そう考えられます。

でもそう言われても、
最初にダイエットを始めるときには 、
「憎むべき存在」 としか考えられないと思います。
それはオレもそうでした。

でも…
「憎むべき存在」から脱出するためのダイエットは、
どうしても疲れてしまいます。

そんなときは、ちょっと一休みして、
ちょっと過去を振り返って、
自分をここまで導いてくれた「太った自分」に感謝してみましょう。

そして、
自信に満ちたオレ…
父親と楽しく話をしているオレ…
好きな父親と腕を組んで歩いているオレ…
そんな光景を思い浮かべて、
どうすることが自分にとって「楽しいのか」を考えましょう!



このページの先頭へ戻る